マネージャー大辻さんのRebaseで働く理由

Rebaseマネージャー大辻さん

インスタベースを運営する、株式会社Rebase。

実際にどんな人が働いているの?どんな働き方をしているの?

少しでもこのRebaseの魅力をお伝えするために、実際にRebaseで働く社員の方にインタビューさせていただきました。

今回のインタビューは、もうすぐ3歳になる娘さんを溺愛中のパパ、大辻さんです!

 

大辻さんは、普段Rebaseでは何をされていますか?

主に、ウェブサービスである「インスタベース」の掲載スペースを増やす活動をしています。
直接掲載者様にお会いして、会社やサービスの説明をしたり、メールや電話でお話しさせていただいています。
また、メールマーケティングなどを通してコミュニケーションをすることでインスタベースのことを知ってもらい、掲載を促したりしていますね。他にも対外的な交渉などもしています。

 

Rebaseに入った経緯を教えてください!

Rebaseに入社した経緯は、代表の佐藤からの誘いでした。

佐藤とはRebase創業初期からの知り合いで、他の社員とも何度か会ったこともありました。

前の職場にいた時に、そろそろ他のところへ行こうかと思っていたタイミングで「ぜひお願いします」と誘いを受け、Rebaseにジョインしました。

 

前職では何をされていましたか?

Rebaseが3社目ですが、これまでずっとIT関連の会社だったので、それはRebaseに来ても変わりません。

業務としては、前の会社では営業企画、事業開発や営業、その他にも社内の制度を作ったり、マーケティングなどの業務にも携わっていました。

 

大辻さんが働く上で大事にしていることはなんですか?

社内でも社外でも、すべて信頼関係だと一貫して思っています。

基本的には人ベースで仕事をしていて、会社を選ぶときも一緒に働きたいかどうかを中心に決めています。

 

では、Rebaseの魅力は「一緒に働きたい人」が多いということですか?

そうですね。

みんな自分の領域に責任を持って仕事をしているところがとてもいいところだと思います。

 

他にもRebaseの魅力を教えてください!

スタートアップならではのことですが、一人一人の任される範囲が広いので、常に多くのことが学べることだと思います。

これまでの経験を活かすことはもちろん、「インスタベース」というまだ世の中に生まれたばかりの新しいサービスを学んだり。

経営に関しても、会社の制度に関しても、まだまだ新しく挑戦できることが多いのはとても魅力的だと感じています。

 

人が魅力のRebaseは、どんな方がいますか?

オンオフが両方あるチームですね。

一人一人、仲間としての絆もしっかりあるし、自分の仕事に責任感を持っています。

私は社内では年長な方ですが、仲間から学ぶこともたくさんありますね。

 

どんな方にRebaseに入社して欲しいですか?

仕事への興味が強い人。仲間意識の強い人。もっと言うと、誰かが困ってたら、助けてあげたりできる人ですかね。

仕事をする上で必要最低限の信頼関係を築ける方なら、いいなと思います。

一人一人のできることもまだまだ広いので、自分から仕事をしたり学んだりできる人にはぴったりな職場だと思います。

 

インスタベースに対する大辻さんの思いを教えてください!

いくつかのフェーズがあると思いますが、まずは全国で掲載していただける場所の数をどんどん増やしたいですね。

次に「インスタベース」を利用している人にも、掲載している人にも、たくさん良い体験をしてもらいたい。

そしていずれは、「インスタベース」を生活のワンシーンに溶け込むようなサービスにしていきたいですね。

 

Rebaseでは仲間を募集しています

今回は、インスタベースを世に広げるため邁進する大辻さんにお話を伺いました。

少しでもRebaseに興味を持った方がいたら、ぜひ私たちと一緒に働きましょう!

コメントを残す